家を建ててもらうなら|地域密着型の工務店を利用するメリットを紹介

マイホームを建てる前に

図面と模型

大手と中小企業の違い

東京都葛飾区にマイホームを建てる場合、地元の工務店もしくはハウスメーカーのどちらにすればよいか悩むことがあります。工務店とハウスメーカーの違いについて紹介します。工務店は企業規模は中小企業が多く、職人さんが多いです。依頼するメリットは、希望している間取りや空間について制約がなければ対応してもらえます。予算や法律以外の制約は基本的にありませんので、家の工法や材料、空間、デザインに至るまで細かいところまでこだわりたい方は、工務店にマイホーム建設を依頼することをおススメします。葛飾区は職人の街とも言われており、工務店の件数も多いことが特徴的です。ハウスメーカーは、企業規模は大企業が多く、独自の商品を建て売りすることが多いです。建て売りされることが多いため、竣工された住宅を内覧してマイホームを購入する流れが多いです。葛飾区で建て売りされている住宅の多くがハウスメーカーです。竣工済の住宅を販売しているため、希望とは異なった空間やデザインであることも少なからずあります。特に、設計については工務店とは違い自由度が少なく、一から造り上げる工務店と既に完成形のハウスメーカーが大きな違いと言えます。特徴的なところは、大手のハウスメーカーが販売している住宅は、瑕疵担保などの保証がついており、大手企業が保証しているという安心感があります。葛飾区でマイホームを検討されている方は、工務店とハウスメーカー、どちらの良さもありますので、購入検討の材料として比較検討してみてください。